最終更新日:2014/10/7

マタニティの賢い選び方

マタニティというと、妊娠中に着る服、という認識が一般的ですが、最近は必ずしもそうではなくなってきています。
妊娠中はもちろんのこと、産後のまだ体型が戻っていない時期や授乳中にも着ることができ、元の体型に戻った後も普通に着用できるものが主流となってきているのです。
妊娠中しか着用できない服に大枚を払う気にはなかなかなれなくても、産前も産後も着ることができる服となると、コストパフォーマンスも非常に高くなるため、多少の投資をしても惜しくないのではないでしょうか。
そのような着用方法が可能となる理由はいくつかあります。
まず第一に、ストレッチ性の高い上質な生地が使用されていること。
その生地が前身頃にふんだんに使われていて、お腹が大きくても、平らでも、綺麗なドレープが生まれるようにデザインされていることも特長の一つでしょう。
このタイプのマタニティで授乳機能がついているものを選ぶと、本当に長く着ることができるので、じっくりと吟味して、お気に入りの一着を探したいところです。

マタニティ生活を活動的に過ごそう

最近は、マタニティという言葉が浸透してきました。以前の妊婦は母体を休める事を優先して、何もせずにゆっくりと過ごすという生活が主流でした。しかし、医学の進歩と共に考え方も変わり、妊婦も適度な運動をすることが重要と見直されてきました。また、女性の社会進出もすすみ、妊娠しても仕事を続けていく妊婦が増えてきました。そのため、妊婦が快適に運動したり、働いたりできる環境が求められてきました。例えば、妊婦用のスイミングも定着してきて、多くのスポーツ施設で行われるようになりました。水の中は、身体に負担がかかりにくいので、適度な運動で体力をつけられると好評です。妊婦用の水着もあり、素敵なデザインの物も増えてきました。その他にも、妊婦だと気付かれない妊娠初期に嬉しい、マタニティマークがついたキーホールダーを、母子手帳と一緒に配布される市町村もあります。働いている妊婦には、このマークをつけることにより通勤電車でも座席を譲ってもらえることもあり、喜ばれています。また、活動的に動けるように、妊婦用の服も種類が増えました。家事がしやすい楽な服に、仕事にもつかえる服、スポーツウェアにパジャマなど、お腹が大きい妊婦でもおしゃれを楽しめるようになりました。妊娠期間の10か月の間に、お腹は徐々に大きくなるので、通常の服はきれなくなります。妊婦用の服は、外に出る機会が多くなった妊婦にとって、なくてはならない必須アイテムです。

check

奈良で歯医者を探す
http://www.tomimori-shika.net/
野菜 通販
http://www.xn--nckg3oobb0648jv4mmpgc8d.net/
フェルト 中古
http://www.cypara.com/archives/tag/felt/
ベンツ 車検
http://www.motor-forme.com/cat23/cat24/
セルフタンニング
http://www.bronzeturner.com/

最終更新日:2015/9/3